レーザー治療

現在半導体レーザーをメインに行っています。エルビウムヤグレーザーは保険では使用していません。

ソフトレーザーと高周波治療器によって十分な効果があります。

「レーザー」や「レーザー治療」という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、歯科治療でもレーザーを使っていることをご存知の方は、まだ少ないかもしれません。

レーザーは人工的に作り出された光で、産業面では通信や計測、機械の加工などに応用され、医療面では診断や治療などに使われています。

医療で使われるレーザー治療には、殺菌、消毒、止血、鎮痛、消炎などの効果があります。

通常の歯科治療にレーザー治療を併用することで、早期に症状が改善したり、痛みを軽減したり、炎症を抑えたりする効果を得ることができます。また、麻酔や鎮痛剤、抗生物質などの薬の使用量を減らすことができます。副作用もないので、妊娠中の方やアレルギー体質の方、高血圧の方、心臓病でペースメーカーを使用している方にも安心して治療ができるというメリットがあります。

ようやく虫歯の治療にもレーザーが認められましたが エナメル質 象牙質一緒に虫歯を除去するのは 相当の注意が必要だと思います。現在検討中です。国内で認可されたエルビウム・ヤグレーザーを 実際に使っていますが あまり良い感じは持てません。結構患者さんが痛みを感じますし その割に 虫歯はなかなか除去できません。術者の技術ということもあるでしょうが 誰でも簡単にできるようには思えません。私にはまだ あれば便利という程度に感じています。

当院では、主に以下のような治療にレーザーを使用しています。しかし やたらと無痛が取り上げられますが 個人差もあり 麻酔が必要な場合もあります。また処置時間も長くなります。すべてを無痛にレーザーで治療できるとは私はまだ思っておりません。注意深く麻酔を行ない 手早く正確な処置をするほうが 高血圧の患者さんにも良いと判断する場合もあります。私は今のレーザー機器に過度な期待はしていません。治療の補助としては効果を上げております。これからますます良くなるとは思います。またいろいろな種類のレーザーがあり それぞれ特徴があるので すべてレーザーと言えば同じ効果があるとは言えませんので ご理解よろしくお願いします。

・むし歯の予防
歯の表面にレーザーをあてると、再石灰化を促進して歯質が強化されるので、むし歯菌の酸に抵抗しやすくなり、むし歯になりにくなるといわれていますが 実際歯に対する治療はエルビウム ヤグレーザーの中の認められた機器だけになりますので  現在は 行っていません。

・知覚過敏症の処置
食べ物を食べるときや冷たい飲み物を飲むときなどに、一時的に歯が痛くなる知覚過敏症の場合、レーザーをあてると痛みを軽減することができます。

・歯周病(歯槽膿漏)の治療
歯周病菌という細菌が原因で歯周病になります。歯周病になると、歯ぐきから血が出たり口が臭くなったりします。また、そのまま歯周病が進行してしまうと、歯が抜けてしまう病気です。歯ぐきがはれた場合は、レーザーで歯と歯ぐきの間からウミを出すことで、痛みとはれがやわらぎ、早く治癒します。また、歯ぐきにレーザーをあてることで、殺菌効果も期待できます。

・口内炎の治療
口内炎になってしまうと、食事をするときにも痛みを感じることがあります。口内炎の部分にレーザーをあてると、痛みやしみるのを防ぎ、早く治癒します。

・根管治療(歯の根=神経の治療)
歯の根、歯の神経の治療をするとき、レーザーをあてると、歯の根の内部を殺菌することができます。また、痛みやはれ、炎症なども早くおさまります。現在はあまり行っておりません。これに関しては高周波治療器を多用しています。

・入れ歯による痛みをやわらげる
入れ歯と歯ぐきが接するところにできものやただれができてしまった時に、レーザーを使うと炎症や痛みをやわらげることができます。

・歯ぐきの黒ずみを除去
メラニン色素が歯ぐきに沈着すると、歯ぐきが黒ずんでしまいます。レーザーをあてると、黒ずみの原因であるメラニンを、痛みもなく短時間で除去できます。数日~1週間ほどで、きれいなピンク色の歯ぐきになります。

・歯を抜いた後の止血や痛みをやわらげる
歯を抜いた後などは、血が止まりにくく、痛みが続くことがあります。歯を抜いた後にレーザーを使うと、止血や殺菌、消毒などに効果があり、痛みをやわらげたり早く治癒するなどの効果があります。

・顎関節症の処置
顎関節症にになると、口が開けにくくなったり、あご周辺に痛みを感じることがあります。レーザーをあてると、この痛みをやわらげることができます。また、口がだんだんと開けやすくなってくる効果も期待できます。

 ・高周波治療器も併用しています

高周波治療器にはジアテルミー効果があり創傷の早期治癒や疼痛の軽減が期待できます。神経の治療や歯槽膿漏などにも応用がきき多くの成果を上げています。