当院の特長

今まで日本の歯科医は、歯を削って詰める、かぶせる。歯を抜いて入れ歯を作るのが仕事だと思われていました.

私はできるだけ歯を残したいし、患者さんの口の中を守りたい。それが本来の歯科医療のあり方だと考えています。天然の自分の歯に勝るものはありませんし、口の健康が崩れてしまえば、全身の健康にもいい影響はありません。そのことを一番よく知っている歯科医が、病気にならない生き方=「予防」を実践していかなくてはいけません。

あなたが病気になったり、歯周病やむし歯になって歯を失うこと(⇒歯を失うことで健康を損なうこと)がないように、予防という考え方、ライフスタイルをとりいれて欲しいと思います。

しかし現実は 相変わらずです。でも早期発見、早期治療によりMIという考え方も最大限の効果を発揮します。繰り返しのその場しのぎでは 患者さんも 歯科医師もお互い苦労します。ですから 検診やPMTCに積極的に取り組んでいます。

また自費診療は 材料だけの違いではございません もちろん材料も違いますが 治療法技術や時間なども当然違います。納得のいく治療は 時間とそれなりの技術料がかかりますが当然それなりのものが納得いただけると思っています。

患者さんの協力も必要になりますのでよろしくお願いします。

歯周病の治療を保険で行う場合 検査を行い 診断して それから歯石を 取ります。この場合 保険のルールで たとえば上顎から行うとして一回 下顎で一回 その後検査で確認しなければいけませんので 最低3回の来院になります。

検査の結果 まだ良くなっていなければ 患者さんに説明し 歯の根の部分のSRPという治療になります。それぞれの治療は歯周病治療のところで説明していますが これも保険のルールで 一回にできる歯の本数は決まっています、またその間隔も一週間は あけないといけないことになっています。ですので 症状が改善されない場合 最大6回の来院が必要な場合もあります。

その後もう一度検査をしてよくなった場合に保険では終りになります。それでもだめなら外科処置も行う場合があるのです。また歯を全部覆うような虫歯の治療は 歯周病が良くならないと型が取れないというルールもあるのです。

ですから歯周病に重点を置いている場合 もっと回数を少なくしたいし 患者さんもそう思うのですが どうしても来院回数は増えます。簡単には歯周病は治りません痛みが取れてもその状態を維持することも努力が必要です。必ず説明していますが 誤解されている方もいるようです。歯周病の治療をしなければ 2回ということも当然あります。

保険診療は予防ではありません。検査を行い疾病と診断した上で 除石そして必要ならSRPという治療になり 検査を行って治癒の確認をしなければなりません。必ず患者さんと相談して治療は進めていますが 説明不足の部分もあると思います、納得できない場合は どうか衛生士にでもいいですので 質問してください。よろしくお願いします。一生懸命治療を行っております。また歯周病治療で歯石をとることは 衛生士あるいは歯科医師でなければできません みんな同じに見えても 違う場合があり その場合は 衛生士による指導も行えません。本当に自分の歯を大事にしたいと思われれば これからもっと 歯周病に関心を持っていただきたいと 思います。 

 

 

医院からのお知らせ

【休診のお知らせ】

 9月の休診は日曜日・祭日と木曜日午後になります。

30日金曜日はレセプト処理のため午前中の診療となります。

シルバーウィークが注目されていますが10連休あるのかな

台風も全国的に影響が出ています 長野県は割と影響少ないと思いますが

徐々に出てきそうです。今度は秋を楽しみたいものです。

 

今年もプール終わりました。

9月11日まででしたが いろいろの事情で 9月は4回しか行けなかった残念です

来年までお休みです これで本格的な秋です。

緊急歯科診療所に行ってきました。

 

院内待合室

最近の診療室 

3年目の衛生士の世菜ちゃんを囲んで 雨の中でパチリ 天気のいい日にまた とります。人気者だった舞ちゃんが退職し みんな寂しがっています。またいつもよりご迷惑をおかけしております、もうしばらくお許しください。

  これからも 少しでも 治療の向上になるものは勉強しながら 取り入れていきます。滅菌用のオートクレーブも2台にし ますます効率良くしました。またPMTC専用のユニットも用意し一層の充実を図っています。スタッフやユニットの紹介はこれからのんびりさせていただきます。

 

あい歯科医院 院長の田澤寛康です

松本で歯医者として皆様のためによりよい治療を心がけています。 あなたは、「痛みだけを止めてほしい」「歯を抜いてほしい」と、痛みが我慢できなくなってから仕方なく歯医者さんに行っていませんか?痛くなったら、歯医者さんに行って治してもらえばいいと、簡単に考えていませんか?

あなた自身のことなのに、自分のことを粗末にしてしている人がとても多いような気がします。歯科医は患者さんの歯の痛みをとり、削っては詰め、抜いては入れることの繰り返しです。これでは壊れていく患者さんに助力しているのと同じことです。

私の医院では、一本の歯が痛んだとき、そして一本の歯を抜くとき、患者さんに「どうしてそうなってしまうのか、それが将来にどんな結果になるのか」ということに少しでも何か感じて、気付いてもらいたいという想いでお話させていただきます。

そして、その場しのぎでとりあえず痛みがなくなれば、もうそれで大丈夫と考えてしまいがちですが歯が痛くなる原因は、まだあなたの口のなかに残ったままなのです。原因はそのままですから、齢をおうごとにどんどん他の歯も歯茎も、歯の土台である顎の骨、関節なども悪くなる一方です。

歯や歯ぐきが悪くなるということは、歯や歯ぐきだけの問題ではないのです。長期的に見れば、癌や心臓病、脳梗塞等になりやすくなるという事も分かっていますし、痴呆になりやすいということも分かっています。

一部の方は『悪くなるまで我慢すること』が、何か「医療費の節約」のような気持ちになっているのだと思いますが、実は逆に、非常に大きな損をしているということになるんです。歯を定期的にケアする人というのは、歯をケアしない人と比べて、生涯に支払う医療費が、約5分の1で済むという統計がちゃんと出ています。

 当医院ではPMTCの患者さんもたくさんおられます。遠慮なく電話で予約の上おいでください。

代志江先生と私です。

What’s New

御嶽山に行ってきたよ。

群馬のおじいちゃん おばあちゃん元気ですよ。

丸山さんが寿退職です。かわりに山本さんが戻ってきました 子育てひと段落です。

誤嚥性肺炎

たばこと歯茎

歯と歯の間のプラークコントロール